« ヘルスセンター | トップページ | Osaka A to Z vol.117更新 »

雅楽とめんそーれー

 昨夜、「雅楽(ががく)」を聞きました。雅楽っていうのは、神社などで聴かれるピヤ~っていう音楽です。でも、昨日は近所の神社のお祭りだったとうわけではありません。雅楽公演会です。しかもフェスティバルホール

 事の運びは、近所のおじさんが、雅亮会(がりょうかい)という雅楽のグループに入っていて、その定期公演会のチケットを頂いたことから、この度の鑑賞にいたったわけです。雅楽を聴くのは初めてじゃなかったけど、このグループは200人以上の人が参加しているらしく、昨晩は演目のひとつに150人が演奏するものが入っていて、面白かったです。よく目にするのは、数人から10人20人くらいまでのもの。圧倒的でしたね。

 それを含めて機能は舞楽といって、演奏に舞が舞われるもの。あまり詳しくないというか、まったく無学なのでどれも同じように見えてしまい・・・。まあ、でもいい経験でした。なによりも、雅楽演奏会でフェスティバルホールがいっぱいになるとは。私なんか2階席でしたよ。

 そんな経験を楽しんだ後に、ちょっと一杯。帰りに西梅田で沖縄風居酒屋「めんそーれー」によりました。寄ろうとおもったジャズバーがライブで3000円チャージということで、ちょっと一杯には高いと思いパス。とぼとぼ歩いて北新地エリア。ちょっとビビリながら、お手ごろそうな店に入る。

 感想:あて等は美味しかった。やっぱ場所がら鍛えられている感じ。沖縄風と風が付くだけあって、本格的に沖縄って訳じゃない。だからこそ、お勧め出来ます。沖縄料理を楽しむのいうより、呑むということを考えれば、ちょうどいい。海ブドウ島らっきょうスーチカ(豚肉の塩漬け)。どれもあてには最高です。あと沖縄そばのだしも美味しかった。

|

« ヘルスセンター | トップページ | Osaka A to Z vol.117更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147437/12729545

この記事へのトラックバック一覧です: 雅楽とめんそーれー:

« ヘルスセンター | トップページ | Osaka A to Z vol.117更新 »