グリル まるよし

大阪の人で、天王寺(阿倍野)で洋食ときけば
ここの名前が出るのではないでしょうか。

Gmaruy4 先日、グリルまるよしに行ってきました。
移転していると聞き、たどりつけるか心配していけば
何のことはない、大通り沿いにありました。

丁寧な定員さんが心地いいお店です。
私は定番のロールキャベツ。妻はビーフシチュー。

Gmaruy3

ロールキャベツは、デミグラとカレーのダブルソースなんです。

大型のロールキャベツもビーフシチューのビーフも、とても
やわらかく、それでいて崩れない絶妙なかたさ。
理解不能なくらい、すばらしい。
お味は、私には少々濃いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルクォーターパウンダー・チーズ

食いました。

昨日は、移動の関係で昼食を運転しながら食べることになったので、
同乗者にマックへ買出しを頼みました。
車でマック前へ迎えにいくと、「これを食べたいんじゃなかろうか」と
思ったらしく、買ってくれてました。

確かに食べたかったけど、運転しながらは食べづらいんですけど~。

まぁ、デカイマック。メガマックよりは、肉重視でうまいかも。食べやすいし。
値段が高いのは、しかたないところか。
でも、マックにしてもロッテリヤにしても、あのモスも肉にこだわったバーガーを
出してきてはいるが、ボリュームはともかく、味は正直それほどの違いとは思わない。
味に期待をしないのであれば、このマックのダブルクォーターパウンダー・チーズは
方向性としては、いいんじゃないかな。

ただね、セットのポテトはなんでLサイズなんやろね。
Sでええのに。と思う中年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田精養軒

神田精養軒って知ってるかい。
大阪じゃあマイナーなのかもしれないけど、私は昔から知っている。
昔は梅田の百貨店等で扱ってたし、割と店舗も多いようだ。

明治維新後、岩倉具視により築地居留地につくられた西洋館ホテル。
その後明治6年精養軒ホテルとなりそのベーカリー部門を引き継いだ
創業者の叔父、佐野絋平が大正2年「精養軒ベーカリー」として開業。
その後、昭和24年創業者故望月継治が神田東福田町に「神田精養軒」として
パン・洋菓子の製造工場を創業し現在に至っている。

で、その店の古くからのベストセラーが、ビットシリーズ。
クランチキャンディーの3種(アーモンド、カプチーノ、アールグレイ)と
チョコレートの系4種の味がある。
私が知っているのは、昔からあるチョコとアーモンド。
昔ながらの、キャンディーの様なひねり包装タイプのもので、とってもおいしい。
子どもころ、まだ和菓子を食べる機会が多かった。いや、スナック菓子全盛の
時代でしたけどね、家庭の事情でね。洋菓子と言えば、近所の洋菓子屋の
レモンケーキに、マドレーヌ、そしてその中でも高級で、滅多に食せなかったのが
神田精養軒のチョコビットでした。そしてアーモンドビット。

大人になって、おいしいチョコをいっぱい食べたけど、未だにこのチョコは
特別な存在です。みなさんも、そんな一品ありますよね。
今、そのアーモンドビットを食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和牛料理 要

またまた、肉のお話。本町の御堂筋沿いの難波神社の西側にある、「和牛料理 要」にいきました。「焼肉BER かんてきや」の系列店らしいです。

こだわりの和牛と「もつ」のお店で、天然塩や有機野菜を使用している、いわゆるこだわり系のお店でした。石焼コースともつ鍋コースがあるのですが、いいとこ取りで安めの、まほろばコースというものをいただきました。

当日は、体調不良からの復帰直後ということもあり、あまり前向きにいただけなっかたので、私的には、それほどのヒットではなかったのです。石焼は赤身系であっさりしてましたので、好みの問題もあるのでしょう。ただ、おいしくなかったわけではないんですが。まわりの方々は、納得してらっしゃたので、体調の問題かもしれません。ちなみに石焼以外は、おいしかった気がします。

ただこのお店の特筆すべきことは、戦後昭和21年に建てられた長屋を改装した店舗だということです。一見、店の入り口だけでは気づきにくいのですが、中に入るとびっくり。昔の長屋一軒の階ごとが、個室になっていて・・・。まぁ行ってみて下さい。昭和、しかも都会の下町を知る私らには懐かしい感じが味わえます。

雰囲気もいいです。ただ、テーブルについた担当が、いまいちな感じで残念。残念すぎて、かえって面白いくらいでしたが。なんか、今時の若いバイトの子が、丁寧な言葉遣いをしようとしているのだけどできなくて。店の雰囲気も売りなだけに、残念で面白くしあがってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉 本陣

先日、職場関係の集いで梅田にある

堂山町 本陣

に行ってきた。焼肉屋である。本陣と名乗る焼肉屋は多く、単独店や系列店もある。

今回行った本陣は、料亭テイストの焼肉やで、落ち着いた雰囲気が売りのようで、チェーン的な宣伝はなかったのだが、船場 本陣などの系列店です。たぶん。

で、お味のほうは・・・おいしかったです。値段的なことを考えれば、当然こんなもんやろう、といったお味ですがね。(仕事絡みだったので、正確な支払いをしてませんが)

この系列店には、前から行きたかったのですが、この店舗は元旅館ということで、個室(座敷タイプ)が多く、とてもくつろいで食べることが出来ます。但し、入店時に靴を脱がなくてはいけないので、ブーツの女性や、自分の靴がどれかわからなくおじさんには、辛いかも。

とりあえず、梅田東通に近いので、あの辺りで落ち着いた店がいいという、30代オーバーの方に、お勧めです。正直高いですしね。どうぞ、彼氏彼女と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソース系コラボ

先日、テレビで見て以来、その発売を待っていた、お好み焼きonUFOをゲット&イート。

Ufooknm2





・ お好み焼きの食感は、お湯で戻すということを前提に、まあよく出来ている。しかし、想定範囲以内で驚きはなし。

・ お好み焼きがそばの上に乗っているので、ソースを絡ませにくい。これが最大の欠点。

・ とりあえず、付属のマヨネーズを使ったが、無くていいかも。UFOっぽく無くなる。

とまあ、そんなところを感じたがマスコミ的には「お好み&ご飯」ばかり取りざたされるが、お好みの相方は、まず焼きそば!そうだろう。そして、もうひとつ言うなら、「焼きそば&ご飯」の方が、王道じゃないのか?私が、焼きそばが大好きだから、そう思っているだけかも。しかし、たかじん氏も、「焼きそば&ご飯」派らしいので、橋下君に命じて、大阪府公認の王道コラボとなるのも間近だ。

ちなみに、広島焼きを食ってみて思ったのが、あれはお好み焼きというより、焼きそばだ。あくまで大阪基準での、個人的な感想としてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[いけす料理 海陽亭] - 海のマーケット『鳥取港海鮮市場 かろいち』鳥取県鳥取市 -

リンク: [いけす料理 海陽亭] - 海のマーケット『鳥取港海鮮市場 かろいち』鳥取県鳥取市 -.

お店のPR:白いかやいか料理を楽しみながら夜の漁り火観賞が楽しめます。

Ikasugata_1  この正月は、お蔭様で忙しい日々が続き、2月に入りようやく妻の実家に、新年のご挨拶に行きました。
 まあ、正月でもなく、夕刻に到着一泊し、翌日の夕刻に帰るという日程で特にイベントもなかったのですが、車でちょっとお出かけし、鳥取港鮮魚市場の「かろいち」に出かけました。大阪にお土産を買いに行ったのですが、お昼をそこで済ませました。豪勢に。
 場所は、市場内の「天然海水いけす 海陽亭」


・活いか姿造り 100g \1,575(税込)
 通常の大きさで200g~400g。
 (皆で食す)

・白いか丼三刀流
 小鉢、白いかと沖漬の丼、いかしゅうまい、汁 \1,365円

 いやー、「活いか姿造り」やっぱり最高!いかの丼も不味くはない!いや、おいしいのだろうが、活イカにくらべると、鮮度に不満を覚えてします。それくらい新鮮。まぁ動いてますから。で、ゲソは天ぷらに。
 北海道でも食べたけど、やっぱり上手い。呼子にも行ってみたい。難をつけるならば、もう少し細く切ってほしい。気持ちね。
 ここに行ったら、値ははるけど「活いか姿造り」を是非食して欲しい。お店としては、その他にもいろいろお勧めあったけど。時期的に河豚とかね。今年の夏も行こうと思う、イカの時期に。

 今更のネタだったけど、上手かったので自慢記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子専門店 餃々[ チャオチャオ ]

リンク: 餃子専門店 餃々[ チャオチャオ ] ~浪花ひとくち餃子~ ≪餃々の紹介≫.

本格的な餃子を気軽に食べていただける今までにない店にしたいと、1999年、私たちはこの「浪花ひとくち餃子 餃々」を開きました。

 昨日、南森町界隈に行くことになりました。帰りに食事でもと思いましたが、平日はとてもにぎわっているビジネス街、お店は閉まっているところが多かったのです。少し買い物もあったので、梅田に出向き、堂島界隈へ。そこで、たまたま目に付いたのが、餃子専門店「餃々」(チャオチャオ)

 以下を注文。
・生ビールのBセット(1,380円コース):チャオチャオ餃子2枚、もやしナムル1品、手羽唐揚げ2本、生ビール1杯。
・餃子三都物語 980円(税込) :一口餃子(大阪)、湯葉餃子(京都)、みそだれ茹で餃子(神戸)
・鍋風スープ餃子 440円(えびの場合4個・肉の場合3個、えびをチョイス)
・しおさい餃子390円(5個)(にんにく抜き、ねぎ塩たれ)
・ドリンク類

 カウンターで食しました。なかなか流行っている感じでした。餃子は、普通に美味しいといったところですが、チャオチャオ餃子とビールは、いい感じでしたよ。ビールのセットは、3種類。セット一つに、もう一杯注文すれば、2人連れで「ちょっと一杯」利用にぴったり。ゴハンメニューをかませば、ちゃんとした食事にも。
 餃子は、「ハズレも少ないが、大当たりもないかなぁ」と入店したのだが、サイドメニューがそこそこあり、それらの味付けがビールに合うようになっている。サラリーマン向けのお店だ。しかし、昨日は日曜とあってか、女性客が多かった。私の経験的には、たしかに餃子店には女性が多く、餃子にビールは、女性のほうが好きなのかもしれないと思うことがある。それはさて置き、立ち寄った堂島店では、ちょうど何周年かの記念で、本日19日は、ビールが安くなり、20~25日までは会計が割引される模様。この機会に、一度行ってみてはいかがでしょう?素敵な女性に合えるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知床三佐ヱ門本舗

知床の生うに<上特>120g【知床三佐ヱ門本舗】

 知床三佐ヱ門本舗「知床の海洋深層水生うに」を食しました。上記のリンクは同店の違う商品なのですが、「生うに<上特>」というもので、高級料亭や一流寿司店向けのもので、しれとこ羅臼産「生うに」ではベーシックランクらしいです。
 こちらの店舗では絶えずソールドアウト状態ですが、注文は受け付けてくれます。そして順番を待ちます。私は、今年始め、受付開始日に申し込み、1月中旬予定の開漁を待ったのですが、今年は1月20日過ぎに開始したようです。それでも今週に商品が届きました。初日に注文された方が多かったんでしょうね。
 生うにといえるものを、たっぷり頂いたのは初めてで、ほんと~に美味しかったです。既にここで公表している通り、今月は何かと美味しいものを、食べています。このうにに関しては、随分前から目星はつけていたものの、値段がはるので注文する勇気がなかったのですが、年末年始がんばったご褒美に購入を決意。結局、今になって届き、旨いものが重なったわけですね。
 あ~~~~~贅沢続いた、幸せだ~~~。・・・金が、金が、尽きた。

総評:本当に美味しいうにでした。久々にネットグルメで大当たり。それだけの値段がしたので、当たり前といえばあたりまえですが。セレブ気分を味わえる一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこ焼き食べ比べ?

リンク: [グルメウォーカー] くれおーる お初天神店-梅田駅/たこ焼き.

ミートソースやタルタルソースなど変りダネも評判のたこ焼居酒屋

リンク: 元祖かすたこ.

リンク: 蛸之徹.

 この所、立て続けにたこ焼きを食べました。まぁもちろん、地元のたこ焼きは、ローテで食べる機会もあるのですがね。
 今回は、地元以外で。まずはお初天神通りにある「くれおーる」。この通りは、よく通るので、前々から目にはしていましたが、ここに限らず大阪の町で目に入るたこ焼きを片っ端らから食うわけにもいきませんから通常スルーしている訳ですが、その中でも気にはなっていた店です。いろいろと変わった食べ方と、2階席がたこやき居酒屋として受けているようで、その点で普通のたこ焼きとしてはどうかと思い、躊躇していたのですが。あるテレビで取り上げられていたのを機に、チャレンジしました。
 「半熟たまごとねぎたっぷりソース」と「特製だししょうゆ」 を頼みました。値段は8個500円から700円くらいの間で色々とあります。まあ、普通といえば普通位の出来でした。半熟・・・の方は、名前からくる期待ほどの旨さがなかったように思いますが。
 というか、「半熟たまご」って私的にはかなりポイント高いのですが、最近氾濫している「半熟たまご」メニューに、私を満足させるものが少ない。「半熟たまごってそんなもんじゃないんだぁ」(叫び)。たこ焼き的には、普通に美味しいレヴェルでした。

 「元祖かすたこ」は、野田阪神近くにある店舗にいくのですが、この前の道をよく車で通るのですが、信号で止まるとちょうどその店の前頃に停車する機会が多く気になっていました。先日歩いて前を通る機会があったのでゲット。ここは通常8つの味付けで楽しめるのですが、ソースに関係なく8個で400円。ソースで値段が変わらないのが良心的ですね。(学生などが)団体でかったり、とくにまとめて買出しに来る際とか便利ですね。
今回は和風あんかけ味をいただきました。こちらも普通に美味しいといったレヴェル。おまけで9個入れてもらえたので、また来ようかな!テヘ

最後は、「蛸之徹」。丸ビル内の店舗に行きました。こちらは前々から何度か行ってことはあるのですが、自分で焼くスタイルのたこ焼きやです。今回は「たこシソチーズ焼(680円)」と「えび風味たこ焼」をいただきました。こちらは、味はともかく、如何に自分好みに焼けるかがポイントになります。自分的には50点。私が焼くと見た目が悪いんですよね。丸くはなるんですけど、大きさがバラバラで。焼加減は悪くはないんやけどね。デートスポットとして、また観光客の体験スポットとして人気です。出来なければスタッフが手伝ってくれますしね。大阪に来られたら一度はどうぞ。まぁ、火をつけて、生地を流し込むタイミングに違和感はありますが。

 総括 今回チャレンジした2店舗を含め3件では、まあ無難に美味しいたこ焼きが食べれます。すべてチェーン展開していることもあり、安定しています。ただ、店主がこだわって焼き上げた、目からウロコの味は味わえませんでした(チェーン店でも、起業者・店長が作ればとても美味しいのかもしれませんけど。)そういった出会いを求めたいのですが、それにはリスクが伴うもので最近チャレンジしてませんね。

追伸 粉モン話で思い出しましたが、昔、超有名店「ゆかり」で、お好み焼きを注文。たしか豚にえびをトッピングたのですが、店員さんがよそ見をしながら、具を鉄板に。えびがコロコロころがって、鉄板の端のコゲかすを捨てる穴にイン!店員気付かず。私は半ギレしながらも、大人として「えびの一個」をあえて告げずに食しました。しかし、現実的には、えびは数少なく、その一個がしめる重要性が後から後から・・・。しかし、今更言えず。美味しかったのに、味わえませんでした。客商売やから、いろんなところに目配せをするのは分かるんやけど、「目ぇ離したらあかんタイミングやんけぇ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧